TOP

神戸市 灘区 あけみ皮フ科クリニック しみ(老人性色素斑) | 美容皮膚科 女医

JR灘駅直結 JR灘駅ビル2階

078-881-8880

しみ(老人性色素斑)

老人性色素斑は、これまでに浴び続けた紫外線と、皮膚の老化のよってできる、しみのことです。
薄茶色で輪郭がはっきりとした色素斑で、通常40歳前後から現れやすくなります。最初は頬骨の高い部分にできるのが特徴です。

しみができやすい場所
太陽の光を浴びやすい、お顔、腕、手の甲やデコルデにできやすいとされています。
紫外線を浴び続けることで、お肌の表面の細胞だけではなく、ハリを保つのに必要なエラスチンやコラーゲンを傷つけてしまい、肌の老化現象をひき起こす原因となってしまいます。

老人性色素斑は、一度できてしまうと、自分では改善・治療が難しい症状です。
防止のためには、日常的な紫外線対策が何よりも重要です。

当クリニックでは美容皮膚科領域(保険適用外)として
アレキサンドライトレーザ(皮膚良性色素性疾患治療用レーザー装置)でレーザーによるシミとりやトーニングを行っております。
アレキサンドライトレーザ詳細はこちら


治療例

施術回数:1回 
費用の目安:こちらの症例で約20,000円+消費税になります。(自費診療です)
※アフターケア用軟膏や内服薬も含みます。但し、しみの数や大きさによって費用は変わってきます。

<リスクについて>
  • 色素の深さ・色調によって数回治療が必要なことがあります。
  • 反応していても破壊されたメラニンがそのまま排出されないこともあります。
  • 赤味がしばらく残ります。
  • レーザーを照射したことによって濃くなるシミもあります。
  • テープかぶれや薬剤に対するアレルギー反応を起こすことがあります。
  • 治療後1~2週間はエステ・サウナ・プールなどは避けてください
  • 体質・生活環境・ホルモンバランスなどの様々な要因により経過が異なる事、またホクロの場合は再発することもありますが予見はできませんのでご了承ください。

レーザー施術とハイドロキノンクリームの併用を
ハイドロキノンはメラニンの合成を強力にブロックし、レーザーによる治療効果が高め、再発しにくくなるのでおすすめです。

・ハイドロキノンクリーム 5g 7%
ハイドロキノンとは、シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)そのものを減少させる成分です。 そのためハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれています。 最近ではシミを予防するため有名な成分としてビタミンCやプラセンタなどさまざまな美白成分が配合されたコスメがありますが、ハイドロキノンはそれら美白成分の10~100倍の効果があると言われています。 ビタミンCやプラセンタなどの美白成分は、シミの予防に役立ちますが、ハイドロキノンは予防するだけでなく、皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけることから、注目されている成分です。


・Whitening cream
ハイドロキノンでかぶれる人に。
広い範囲のシミを、逃さず集中美白。
美白成分・黄ぐすみ防止成分「コウジ酸」配合で、頬や額、目のまわりなどのシミ、お顔の黄ぐすみを集中的にケアするクリームです。
のびのよいなめらかなクリームが、すみずみまで潤いと美白成分をいきわたらせ、お肌に明るい透明感をもたらします。


紫外線予防
・ナビジョンDR BBプロテクトUV
赤みや色ムラをきれいにカバーし、スキンケアしながらしっかり紫外線も防ぎます。
詳細はこちら(NAVISIONのサイトへ)

・スキンキュアラボ ビューティフルスキン
界面活性剤を完全に排除して「肌のバリア機能」にこだわり、また「毛穴づまり、白浮き、ベタつき、落ちやすい(再乳化)」などの不満も解消しました。 石鹸で落とせるのに、汗・水に強いのが特徴です。 敏感肌や赤ちゃんにもお使いいただけるよう、パッチテスト・スティンギングテスト済みです。